【英語 単語 覚え方】五感を使って暗記が1番!

五感を使って暗記が1番!

(人気記事)早く英単語を覚えたい人へ!!管理人が実践した1ヶ月で英単語1000語覚えた方法!

 

(注目記事)英文法が大嫌い!苦手だ!そんな人にこそ読んで欲しい!おすすめ文法書!

 

【英語 単語 覚え方】五感を使って暗記が1番!

 

 

わたしが26年間生きてきた中で1番英語の勉強をしたのは17歳〜24歳でした。

 

17歳のときは大学受験のため、大学時代は家庭教師のアルバイトで英語を教えていたため、卒業後は学習塾で英語講師を勤めていたため、と時期によって目的は違いましたが、真面目に英語に取り組んでいました。(結婚を期に学習塾は辞めたため、現在は英語講師ではなく児童指導員として働いています。)

 

その中で1番「英単語」を意識したのはやはり大学受験のときでした。使っていた単語帳は「FORMULA」「Data Base」です。前者は必要最低限の単語集なので丸暗記、後者はプラスαの底上げ用として使っていました。

 

単語暗記はとにかく繰り返すことが重要です!!

 

わたしが単語帳を使うときに絶対効果的だと思うのは、「とにかく繰り返す」ことです。大抵の単語帳には、単語の前に□がいくつかついていて、覚えたかどうかのチェックが出来るようになっていると思います。

 

赤シートなどを使いながら自分でテストをし、出来たらチェックを入れ、全単語がチェックできるようになるまでやる…といういのがわたしのスタイルでした。(間違えたらチェックしていくやり方もあると思います。そこは好みですね。)

 

とはいえ、英単語には似たようなつづりなのに全然意味が違うものや、長くて発音しづらい単語(つまり覚えづらい単語)もたくさんあります。

 

わたしもこういう単語には苦しめられました。特に似たようなつづりのものは、数回やっても「あれ、どっちだったっけ?」となってしまいがちでした。

 

試行錯誤でたどり着いた勉強法・・・それは「身体全部を使って覚えること」

 

そうして試行錯誤しながら、自分にとって1番効果的な学習法を見つけました。それは、「できるだけたくさんの器官を使って覚える」ことです。つまり、ただ目で追って覚えるだけではなく、単語を見ながら声に出して読み、自分の音を聞きながら実際に手で書く…という流れです。

 

目の他に「口」「耳」「手」を使っているので、「目のみ」を使っている状態よりも、しっかり脳に刻まれていきます。全部の単語を書くのが大変であれば、よく間違える単語・ニガテな単語だけでも構わないでしょう。わたしは100円ショップの単語帳を使って、このやり方で「ニガテな単語集」を作っていました。

 

最大のポイントは暗記する時間帯です!

 

そして暗記は「寝る前」というのも大きなポイントでしょう。人間の記憶は寝ている間に定着するため、覚えたいことをインプットしてそのまま寝る…というのが効果的らしいです。

 

わたしがこれを知ってからは寝る直前に暗記→翌朝復習、というスタイルに変えました。それまでは何も考えず、気が向いたときに単語帳を開くというやり方だったので、もっと早く知っていれば良かったと思います。

 

23歳でTOEICを受けたときには、単語については・五感を使って覚える・繰り返し覚える・寝る前に覚える…というやり方で、730点までいきました。(もっと上の人はたくさんいるでしょうが、悪くない成績だと思っています!)少しでもお役に立てたら嬉しいです。ぜひ試してみてください!

 

(人気記事)早く英単語を覚えたい人へ!!管理人が実践した1ヶ月で英単語1000語覚えた方法!

 

(注目記事)英文法が大嫌い!苦手だ!そんな人にこそ読んで欲しい!おすすめ文法書!