効果的な英単語の覚え方

効果的な英単語の覚え方

ボキャビルダー

英単語の暗記は英語学習の中でもっともつらい分野ですね。しかし、英語を自由に使いこなす為に是非挑戦しましょう!


単語暗記といえば

  • 紙に書いて覚える
  • 連想記憶術(ゴロ合わせ)を使って覚える
  • 短文で暗誦する
  • 長文で覚える
  • 単語単体で覚える

などなどたくさんあります。私は上記の全てを試してみました。


私の英単語体験談


私は特に英語ができず、現役で希望の大学に合格することができませんでした。


よって長く辛い浪人生活を送ることに……。当然、入試の中心は英語ですから、これに関しては基礎から徹底的に叩き直しました。


英文法も非常に重要ですが、それに並ぶくらい重要なのは英単語ですよね。英文法を理解できても、そこに使用されている単語が何を意味しているのかが分からなければ文章を理解することはできません。私はこの部分が絶望的にできていなかったため、英語が全く理解できずにいたんですよね。


英単語の勉強を必ず毎日やることにしたんですが・・・


当時は効率的な英単語の覚え方を知りませんでしたから、かなりの力技でした。まず実践したのが、常に目に触れる場所に英単語と日本語の意味を書き記したメモを置くということです。人間は忘却曲線というものがあり、その場では覚えたと思っても一日経つと結構な割合で忘れます。一週間経過すればより多く忘れますし、一ヶ月経過すればほぼ忘れます。


よほどインパクトがある出来事ではない限り、人間は忘れる生き物なのです。そのことを念頭に置き、常に目に触れる場所に英単語を書き記したメモを置いたんですね。


ではどのような場所に置いたのか。ずばり、風呂とトイレです。普通に生活を営んでいれば、この二つの場所には必ず足を運ぶでしょう。そして意外と暇なんですよね。なので私はこの場所に英単語を書き記したメモを置き、そこでトイレなら10個、風呂なら50個と自分の中で目安を定めて覚えていました。


また読んだり見たりするだけでは覚えにくいので、書き取りで毎日100個の英単語を覚えました。この書き取りの場合は、英単語帳の最初の100個を一週間徹底的に書いて音読しながら覚えます。初日から100個覚えるつもりで書いて書いて書きまくって覚えます。しかし翌日には半分くらいを忘れているんですよね。


本当につらかった事だけ覚えています。こうした方法で、なんとか英単語を覚えたのです。


フラッシュカードという暗記方法を知る!!

 

社会人になり、再び英語の勉強をスタートした時(しなければいけなくなった。)は、もう2度と大学受験のような思いはしたくありませんでした。そこで、英語に関するhow to本を読みまくることからはじめたんです。

 

その中の一人に英語講師で有名な安河内哲也先生の本を読みました。先生は、英検1級の試験の際、英単語を10,000単語、フラッシュカードで覚えたそうです。私も英語をやるからにはTOEIC900と英検1級を目標に置いたので、「英単語10,000語は覚えたい!」という想いが出てきました。

 

先生の手法の「フラッシュカード」とは、かなり昔からある方法で、名刺より少し大きめのカードに英単語と日本語を書き、英単語を見てすぐさま日本語にする訓練です。それで覚えているもの、あやふやなもの、覚えられないものに分け英単語を記憶していくやり方です。

 

安河内先生の本に感化された私は、大量にコクヨのカードを買い込み、せっせと英単語と日本語を書き込み英単語暗記をスタートさせました。

 

しかし、1ヶ月ほどやったのですが、カードは折れ曲がるし、カードの汚れやシミの位置で日本語がわかるようになるし、おまけに、あまりにも膨大になってしまい持ち運ぶことが出来なくなったのです。

 

 

フラッシュカードのソフト、ボキャビルダーとの出会い!

 

そういう感じで、また挫折しかかったとき、たまたま「ボキャビルダー」というPCで動作するフラッシュカードを見つけすぐに取り掛かりました。

 

この「ボキャビルダー」というソフトは非常に良く出来ていて、「発音暗記」「英和暗記」「熟語暗記」「話す訓練」の4分野を訓練する事が出来ます。

 

仕組みは、1度見た英単語は、1日後、2日後、4日後、8日後、16日後、32日後に再度登場し復習します。連続正解になるとその単語は記憶されたとプログラムが認識し、2度と出てきません。

 

この機能のおかげで効率的に英単語を覚える事が出来ました。結果的に約1年で、12,000単語の暗記です。

 

大学受験は1冊の単語集(2,000語収録)をやり終えるまで、約半年かかりました。しかも完全ではありません。ボキャビルダーは物凄く効果が高いと思います。

 

こちらにボキャビルダーをまとめて紹介していますので、是非ご覧下さい。

 

その後、文法、長文読解と進んでいくのですが、英文の中に知らない単語がほとんどなくなり、ストレス無く読み込むことが出来ました。

 

私のこの経験からですが、英単語とその日本語訳をスピードをかけ何度も見返すことが一番のように思えます。短文を使う、長文の中からわからないものを拾い覚える等、様々なやり方があると思いますが、やはり量が少ないのです。

 

大量の英単語を短期間に暗記すると、後の学習の効率が違ってきます。あなたも英単語暗記に悩んでいるのでしたら是非「フラッシュカード」での暗記作業を試してはいかがですか?

効果的な英単語の覚え方記事一覧

SVL12000を暗記しようと思っている方へ

皆さん、SVL12000という英単語集をご存じですか?株式会社アルクから発売されている英単語集で、正式名称「標準語彙水準SVL12000」といいます。株式会社アルクという会社は英語教材の会社で様々な英語教材を販売している会社です。知っている方も多いかと思います。そのアルクの長年のノウハウによって、日...

≫続きを読む

1ヶ月で英単語1000語覚えられる単語カード!Vocabuilder(ボキャビル...

暗記のやり方私は単語暗記を次のルールで行う事にしました。エビングハウスの忘却曲線意識する。単語、発音記号、ネイティブの音声がついている。フラッシュカードを使う。まず1のエビングハウスの忘却曲線意識とは、これは学習すると30分後に40%忘れ、24時間後に66%、3日後までに75%、30日後には80%忘...

≫続きを読む

1ヶ月で英単語1000語覚えられる単語カード!Vocabuilder(ボキャビル...

Vocabuilder(ボキャビルダー)には発音だけ特化してある発音暗記モードがあります。ある程度、UDA式や英語耳で発音の基礎が出来たらVocabuilder(ボキャビルダー)で12000単語をマスターしてしまいましょう!ここでは単語の意味は気にせずに英語のスペルを見たら、直ぐにその単語の発音が出...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL1 英語の基礎を成す必須単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の1冊目LEVEL1になります。最初の基本単語1000語です。ほとんどの単語がわかると思いますが、中にはあやふやな単語が出てくるかもしれません。取りこぼしが内容にしっかりやりましょう。私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しま...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL2 日常生活で活躍する英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の1冊目LEVEL2になります。日常生活で使う1000語です。英会話には必須の単語ばかりですね!私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして1か月で1000語暗記ができる驚異的なソフトです。詳しくは↓↓↓...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL3 楽しく会話が弾む英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の1冊目LEVEL3になります。最初の基本単語3000語です。Vol.1の3000語で日常会話はかなり楽しんで行えますよ!私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして1か月で1000語暗記ができる驚異的な...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL4 読解の基礎を固める英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の2冊目LEVEL4になります。簡単な大学入試の英文が読み始めることができます!私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして1か月で1000語暗記ができる驚異的なソフトです。詳しくは↓↓↓をご覧ください!...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL5 大学受験前に覚える英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の2冊目LEVEL5になります。これまでの5000語が暗記できれば、センター試験は9割、地方国立大学の試験問題も読解できるレベルです!私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして1か月で1000語暗記がで...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL6 検定試験に挑戦する英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の2冊目LEVEL6になります。Vol.1とVol.2合わせて6000語で大学入試および英検2級は楽勝となります。TOEICでは600点が関の山です。私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして1か月で1...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL7 表現力を豊かにする英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の3冊目LEVEL7になります。ここからようやくTOEIC700レベルに入ります。英検ではまだ準1級に合格しないレベルです。私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして1か月で1000語暗記ができる驚異的...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL8 読解の自信を深める英単語

このページではアルクが厳選したSVL12000の英単語をレベルごと紹介したいと思います。SVL12000とは?さまざまな英文データと、多数の貴重な選考資料をもとに、日本人の英語学習者にとって有用であると思われる英語語彙1万2000語を選び出し、基礎から上級へと12のレベルに区分した段階別学習語彙リス...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL9 TOEIC高得点を狙う英単語

アルクが厳選したSVL12000の英単語の3冊目になります。このレベルは約9000語のレベルです。この辺りまで暗記できるとTOEIC900近くまでは到達可能です。私は、アルクの書籍は使用せず、ボキャビルダーというPCで動くソフトを使用しました。0からスタートして半年、遅くとも9か月で9000語暗記が...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL10 英文雑誌を楽しめる英単語

このページではアルクが厳選したSVL12000の英単語をレベルごと紹介したいと思います。SVL12000とは?さまざまな英文データと、多数の貴重な選考資料をもとに、日本人の英語学習者にとって有用であると思われる英語語彙1万2000語を選び出し、基礎から上級へと12のレベルに区分した段階別学習語彙リス...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL11 自分の視野を広げる英単語

このページではアルクが厳選したSVL12000の英単語をレベルごと紹介したいと思います。SVL12000とは?さまざまな英文データと、多数の貴重な選考資料をもとに、日本人の英語学習者にとって有用であると思われる英語語彙1万2000語を選び出し、基礎から上級へと12のレベルに区分した段階別学習語彙リス...

≫続きを読む

SVL12000 LEVEL12 世界をさらに広げる英単語

このページではアルクが厳選したSVL12000の英単語をレベルごと紹介したいと思います。SVL12000とは?さまざまな英文データと、多数の貴重な選考資料をもとに、日本人の英語学習者にとって有用であると思われる英語語彙1万2000語を選び出し、基礎から上級へと12のレベルに区分した段階別学習語彙リス...

≫続きを読む

TOEICの語彙力はSVL12000でどれくらい必要?

TOEICの語彙力はどれくらい必要なのか?誰でも知りたいですよね?誰でも無駄な努力はしたくないものです。このページでは僕の思うTOEICの語彙力をお話したいと思います。アルクのSVL12000(Standard Vocabulary List)の定義に基づくと、レベル9で高得点が狙えるということで...

≫続きを読む